趣味

たまには昔の彼女の話でもしてみようかと思う。

 

当時僕には、周りに隠して付き合っている彼女がいた。

多分、当時それを知っている人は、5人もいなかったはずだ。

 

可愛い子だった。

ちっちゃくて、ふわふわな見た目をしていた。

「楽しい」を見つけるのがとても得意な子で、何でもないただのデートにわざわざしおりを作ってきたり、ご飯を作るだけで作業の分担を(たった二人しかいないのに)割り振るのが好きな子だった。

ちなみにご飯を作るのはほとんど僕だった。

そのおかげか、付き合ってから彼女は少し肥えた。

 

寝起きに半目でぼーっとしている姿も、寝ている間に僕の左腕を絡めとって、うつらうつらしながら逆関節をキメてくるところも、突然駅で「言いたいことがあるの!準備するからちょっと待ってね!」と言いながら何だかよく分からないままキャーっと駅のホームに逃げて行ってしまうところも、全てが愛おしくて仕方なかった。

あと、寝るとヨダレをよく垂らしていた。

 

 

別れた時は、世界が終わったような感じがした。

いつも通り夕飯を作っていたら、「あのね、私決めたことがあるの」と切り出された。

手に握った包丁が、視界の中で歪んだ。

突然自分の身体が、自分のものではなくなってしまったようだった。

その場に座り込んだ僕に、彼女の心配そうな「大丈夫?」と言う言葉がどこか遠くに聞こえた、ような気がする。

 

あれから2年、久しぶりに話した共通の知人から

「そう言えば〇〇ちゃん、××くんと付き合いましたね。」

と切り出された時は、もう忘れていたと思ったのに、胸に何かがぶっ刺さったのを覚えている。

 

なんだ、「仕事のために」と別れたはずなのに、職場の後輩と付き合うんだな、ともう感想はどれも、怒りにも悲しみにも変わらなかった。

ただ、身体の中から大切な何かがこぼれ落ちていった。

 

 

そんな彼女は、所々確信的な一言を放つ子だった。

あれは、僕らが付き合って、秋ももう終わりを迎えようとしていた頃だ。

 

僕らは二人、シフトの前に控え室でいつも通り他愛もない話をしていた。

そこに現れた、一人の後輩がいた。

その子は二年後、その店の店長になる子だった。

 

当時彼はアイドルオタクで、アイドル関係の雑誌を持って現れた。

僕らに簡単な挨拶をして、彼は退屈そうにその雑誌を広げて読み始めた。

少しも待たずに、彼女は質問を投げかけた。

 

「それ、面白いの?」

「色々大切なことが載ってるんですよ。」

「面白くはないんだ。」

「ええまあ…そうですね。」

「じゃあなんで読んでるの?」

「オタクと話す上で、誰がいつどういう発言をした、と言う話は重要なんですよ。」

「△△くんは、オタクと話すためにその雑誌を読んでるんだ、変なの。」

 

なるほど、とその時僕は、彼女に100%同意をした。

当時僕らにとって趣味とは、「見たいものを見る」「聴きたいものを聴く」「行きたいところに行く」と、ただそれだけだった。

 

 

あれから別れてすぐ僕はアイドルオタクになった。

今年で三年目を迎えようとしている。

推しメンはこの二年間の間に四人、卒業を迎えた。

今は行く場所を探して、インターネットの海をさ迷っている。

 

現場に行く時の決め手は、「行きたいと思うかどうか」、それだけだ。

彼女に「変なの」と言われたくないのだろうか。

僕はまだ、彼女を忘れられていないのだろうか。

 

久しぶりに連絡でもしてみて、この気持ちを改めて確かめてみるのも、いいのかもしれない。